1~2ヶ月頃の赤ちゃんの寝かしつけ法まとめ

 最初にまずは結論というか、このページのまとめをざっと書いておきたいと思います。詳しく知りたいなと思った方は読み進めてください^^

ざっくりまとめ

  1. ママのお腹の中をイメージさせる寝かしつけ法がGood!
  2. 2~2.5時間おきくらいに授乳する
  3. 3~4回くらい起きる計算になります
  4. 徐々にですが、体内時計が働き始めます
  5. 夜の照明機器は赤ちゃんから離れた足元側に

1~2ヶ月頃の赤ちゃんに有効な寝かしつけ法

  • おくるみで包んであげてお腹の中を演出してあげる
  • 抱っこやスリングでゆらゆらしてあげる
  • ベビーラックでゆらゆらしてあげる
  • ホワイトノイズを聞かせる

 この辺りは0ヶ月頃の寝かしつけ方法と大きな差はないかと思います。夜にあまりにも起きる回数が多い場合(4回以上)は、空腹が原因で泣いているわけではないことがありますので、泣く理由をしっかり見極めましょう(難しいところですが・・・)

1~2ヶ月頃の赤ちゃんが夜中に起きる回数

 育児雑誌などで紹介されているものをいくつか調べてみましたが、1~2ヶ月頃の赤ちゃんは20時就寝とすると大体2~2.5時間おきくらいに授乳で目覚めると書かれています。

 ざっくりですが、22時、翌1~2時、4~5時という感じになるかと思いますので、3~4回程度起きる感じです。0ヶ月の頃は欲しがるだけ授乳させてOKでしたが、1ヶ月を過ぎたくらいからは飲みすぎで眠れなくなる赤ちゃんもいます

満腹で眠る赤ちゃん

 この頃はまだ満腹中枢がしっかりしていないので、与えられただけ飲みますので、母乳の場合は飲ませすぎにも注意しましょう。

1ヶ月頃から体内時計が機能し始める

 生まれてすぐの頃は体内時計も何もあったものではないのですが、1ヶ月目頃から体内時計が徐々に機能し始めます。

 体内時計の調節のお手伝いのため、朝になったらカーテンを開ける、夜は暗くするこの2つくらいはしっかりして行きたいところです。特に難しいことをする必要はありません。

カーテンをあける

 また、パパと一緒にお風呂というのも憧れる&助かるのですが、パパの帰りが遅くなるようであれば、その後の寝かしつけにも影響しますので、注意したいポイントです。

 理想としてはお風呂は19時頃までに済ませておきたいところなので、パパが19時よりも遅くなるようであれば、パパとのお風呂は週末にするようにしましょう。

朝は明るく、夜は暗くを徹底し、お風呂は19時までに済ませたい

夜の授乳は照明に気を付けよう

 これは月齢問わず、気を付けておきたい寝かしつけのポイントなのですが、夜間の授乳での照明です。

 大人の感覚からいえば、寝室のちょっとした照明なんて大した明るさではないのですが、赤ちゃんにとっては眩しいものなのです。

 できるだけ間接照明となるようなもので、光源はオレンジ色のやさしいものを使い、赤ちゃんから直接見えないような位置に置きたいですね。


添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon