3ヶ月~4ヶ月赤ちゃんの寝かしつけ

まだまだ個人差が大きい時期

赤ちゃんの個人差

 4ヶ月目くらいから昼夜の区別がしっかり付いてくる赤ちゃんもおり、決まった時間に眠るような子も出てきます。

 が、全然な赤ちゃんも当然います。この辺りはまだまだ個人差が大きいので、友達の赤ちゃんは決まった時間に眠るようになったのに・・・などと心配する必要はありません

 ただ、早寝早起きだけはしっかり守っていきたいところで、夜20時頃には眠れるようなリズムにしておきたいです。ママが遅寝の場合、赤ちゃんも遅寝になってしまいますので、まだまだ赤ちゃん中心の生活リズムは継続していきたいところ。

まとまって眠る子も出てきますが、まだまだ個人差が大きい時期です

産後の腰痛対策マットレス-赤ちゃんも使える安心製法

産後の腰痛対策マットレス"

 産後の腰痛対策は短い睡眠時間でも疲れを回復できるようなマットレスでなければなりません。そして、赤ちゃんと一緒に添い寝ができるレベルで安心設計されているマットレスはほとんどないというのが現状なのですが、このマットレスなら安心です。

 詳しくはこちら

3~4ヶ月頃の赤ちゃんが夜中に起きる回数

グズっている赤ちゃん

 育児雑誌などで紹介されているものをいくつか調べてみましたが、3~4ヶ月頃の赤ちゃんは20時就寝とすると大体2.5~3時間おきくらいに授乳で目覚めると書かれています。ただ、上でも紹介したように個人差がまだまだある時期ですので、2時間毎に起きる赤ちゃんもいます。

 ざっくりですが、23時、翌2~3時、と2回起きるというのが究極の理想ですが、実際は3~4回程度起きるような感じだと思います。特に母乳だと3回くらいはお腹が空いて目覚めます。ミルクであれば2回の子もいるかもしれません。

 この頃から満腹感も分かるようになってきますので、お腹いっぱいであればそれ以上飲まなくなり、飲みすぎるということは少なくなります。いずれにせよ、空腹で目覚めることは少なくなってきますので、泣いたりグズったりすることがあれば、ミルク以外の原因もありえます。

3~4ヶ月頃の赤ちゃんに有効な寝かしつけテク

  • できるだけお腹いっぱいにしておく
  • 暗闇が理想だが、暗いことを怖がる子も出てくる
  • ママのにおいのついたぬいぐるみなど、ねんねグッズが◎
  • 空腹でなければおしゃぶりが有効な場合も

 ここまでで暗闇で寝かしつけをしていなければ、夜中に目覚めたときに暗いことが怖く、泣く子が出てきます。ママが近くにいることを知らせたり、ママのにおいがついたぬいぐるみなどで乗り切ることもできます。

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon