5ヶ月~6ヶ月赤ちゃんの寝かしつけ

そろそろ夜泣きが始まる時期かも

赤ちゃんねんね

 体内時計がかなりしっかりしてくる時期ですが、まだまだ大人の体内時計とは差が大きいです。また、体内リズムと生活リズムがあっていなければ夜泣きをする子も出てきます。

 6ヶ月頃になると離乳食を始める子もいるかと思います。離乳食をしっかり食べられるようになってくれば、睡眠中にお腹がすくこともより減ってきますので、少しずつ楽になってくるご家庭も出てくるかも。

 お昼寝はまだまだ今までどおりでも良いですが、夕寝に関しては30分程度に抑え、17時以降は眠らせないように。

夜泣きが始まるとママも泣きたくなりますが、もう少し!

産後の腰痛対策マットレス-赤ちゃんも使える安心製法

産後の腰痛対策マットレス"

 産後の腰痛対策は短い睡眠時間でも疲れを回復できるようなマットレスでなければなりません。そして、赤ちゃんと一緒に添い寝ができるレベルで安心設計されているマットレスはほとんどないというのが現状なのですが、このマットレスなら安心です。

 詳しくはこちら

5~6ヶ月頃の赤ちゃんが夜中に起きる回数

赤ちゃんねんね

 ざっくりですが、23時、翌3~4時、と2回起きるというのが理想状態です。ただ、体内時計のリズムと生活リズムが合っていなければ、夜泣きが始まる子もいます。

 しっかり授乳をしているのであれば、空腹で目覚めることは2回程度になるので、それ以上に目覚めて泣くのであれば、授乳以外の原因であることが多いです。

 また、日中にあった出来事で興奮して寝付けない子や、夢を見て泣く子もいますので、寝かしつけも複雑になってくる時期で一言では言えないようになってきます。

5~6ヶ月頃の赤ちゃんに有効な寝かしつけテク

  • できるだけお腹いっぱいにしておく
  • 暗闇が理想だが、暗いことを怖がる子も出てくる
  • ママのにおいのついたぬいぐるみなど、ねんねグッズが◎
  • 夕寝は17時まで、30分以内にしたい

 夜泣きが続くとママにもかなりの負担がかかる時期。できれば、パパを始めとした家族が週に1度でも構わないので寝かしつけをしてあげたいところです。

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon