9ヶ月~10ヶ月赤ちゃんの寝かしつけ

昼と夜の区別がしっかりついてくる頃

月夜

 しっかりハイハイできる子も多くなり、活動量はかなり増えます。それに伴い、昼と夜の区別がしっかりついてきて、夜の睡眠時間もグッと増えてくる子もいます(当然、個人差は大きいが)

 離乳食も1日3回になってくる頃で20時就寝を目指すのであれば、18時頃までに食べ終えるようにしておきたいところです。

 夕寝をほぼ完全になくすことができる時期でもあり、早い子では朝寝もなくしても大丈夫になってくることもあります。少なくとも朝寝を短くし、昼寝を2時間たっぷりとり、夕寝を完全になくすことがここでの目標点かと思います。

早い子は朝寝もなくせる時期。でも無理な子もいるので焦らないで

産後の腰痛対策マットレス-赤ちゃんも使える安心製法

産後の腰痛対策マットレス"

 産後の腰痛対策は短い睡眠時間でも疲れを回復できるようなマットレスでなければなりません。そして、赤ちゃんと一緒に添い寝ができるレベルで安心設計されているマットレスはほとんどないというのが現状なのですが、このマットレスなら安心です。

 詳しくはこちら

9~10ヶ月頃の赤ちゃんが夜中に起きる回数

ミルクを飲む赤ちゃん

 母乳かミルクかで誤差がありますが、腹持ちの良いミルクであれば翌1~2時頃に一度起きるくらいになっているかもしれません。ママの母乳であれば、消化が良いので3度くらいは起きるかもしれません。

 また、昼間の活動量が増えているため、興奮してなかなか寝付けなかったり、寝たあとから夢で昼間のことを思い出しては泣く子もいます。

 また、お腹がすくタイミングではないのに40~50分周期で泣くような場合は、寝言泣きが原因かもしれません。すぐに抱き上げたり、授乳させたりせず、一呼吸置いて様子を見てから対応するようにしたいです。

 また、ママの存在確認をするために夜中に目覚めて泣くような場合もあります。近くにいることがうまく伝われば抱っこせずともトントンだけでも眠ってくれます^^

9~10ヶ月頃の赤ちゃんに有効な寝かしつけテク

  • できるだけお腹いっぱいにしておく
  • 離乳食は寝る2時間前には食べ終えておきたい
  • ママのにおいのついたぬいぐるみなど、ねんねグッズが◎
  • 朝寝を減らして昼寝を長く、夕寝は完全になくしても可
  • 寝言泣きもあるので、抱っこ・授乳の前に5分待つのも手段
  • ママの存在確認で起きる子にはトントンで対応

 相変わらず夜泣きが続くような子も多い時期です。体内時計がうまく調節されれば減ってきますので、それまでの辛抱です。夜泣きは一般的に1歳頃には減ってくると言われてますので、もう少しです!!

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛専門病院

 1年以上続く産後の抜け毛対策を女性専用の東京ビューティークリニックで聞いてきました。その時の事柄をまとめた新サイトを作りました。

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon