赤ちゃんの成長ホルモン

寝ない娘

 成長の度合いによって個人差はありますが、一般的に4ヶ月頃から赤ちゃんにも成長ホルモンが分泌されるようになります。この成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌され、体の成長~神経系の成長を促進させます。

 大体、深夜22時~2時の熟睡中に分泌されるため、この時間帯付近でしっかりと眠っていることが大切だと言われています(※大人の通常の睡眠スタイルの場合です)

 日本の子供は、親のライフスタイルに合わせた生活を送っている場合が多く、夜22時以降に寝る子供が半数以上を占めています。こういった睡眠スタイルを子供の頃に送ることは、成長ホルモンの分泌を邪魔するだけでなく、肥満になりやすかったり、キレやすくなる、表情が乏しくなる、などの原因になると考えられています。良質で十分な睡眠が大切であることは疑う余地はないのです。

夜、ちゃんと寝かしてあげるだけで、赤ちゃんは良い子に育ちます!

成長ホルモンは規則正しさが大切

規則正しい生活

 上の項目では大人の場合、22~2時頃の熟睡中に分泌されると紹介しましたが、寝る時間がもっと早い方、逆にもっと遅い方の場合は大きく変わります。

 成長ホルモンの分泌は睡眠後3時間辺りが一番多いと言われています。例えばですが、

  • 21時に眠る方なら24時頃
  • 24時頃に眠る方なら3時頃

 のように、その人の生活リズムによって分泌される時間が変わるとも言われています。ですので、赤ちゃんの生活リズムや睡眠リズムもできる限り一定を目指していくことがおすすめですね^^

 とはいえ、そんなに毎日機械のように生活は送れないので、意識しすぎてママがパンクしてしまわないようにしてください。

産後の腰痛対策マットレス-赤ちゃんも使える安心製法

産後の腰痛対策マットレス"

 産後の腰痛対策は短い睡眠時間でも疲れを回復できるようなマットレスでなければなりません。そして、赤ちゃんと一緒に添い寝ができるレベルで安心設計されているマットレスはほとんどないというのが現状なのですが、このマットレスなら安心です。

 詳しくはこちら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon