車でドライブして寝かしつける

 ドライブをしているときに限ってよく眠ってる・・・みたいなことを体験しているママも多いんじゃないかと思います。

 車じゃなくて、お布団で寝てー!!っと思うこともあるかと思うのですが、ドライブでの揺れ景色の流れる速さ車の音は赤ちゃんにとって眠りを誘うものだと言われています。

 もちろん、車に乗るといつもギャン泣きです!っというご家庭もあるかと思うのですが、このページでは車での寝かしつけ法について紹介しています。

チャイルドシートで寝かしつけ

車で寝かしつけるコツ

出かける前に寝かしつけの準備をする

 わざわざ車で寝かしつけてから家に帰ってきたものの、赤ちゃんを寝かせる準備ができていないと何のためにドライブしたのか分からないというようなことになってしまいます。

 ですので、車で寝かしつけドライブに出かける前に、まず帰ってきて赤ちゃんを寝かす場所や準備を思い浮かべてください。その準備を終えてからドライブですね^^

赤ちゃんの寝る準備

チャイルドシートにおくるみやタオルケットを敷く

 おくるみやタオルケットを敷いておくことで、車での寝かしつけが成功したあと、車から家へと赤ちゃんを運ぶことがやりやすくなります。

 シートごと取り外せるタイプのチャイルドシートなら不要かもしれませんが、こういう細かい部分を準備しておくことで起こしてしまう確率が減らせます。

赤ちゃんの足

 ちなみにこのおくるみやタオルケットは普段使っているものが最もオススメですね。自分のにおいやママのにおいがついているようなものが赤ちゃんに安心感を与え、寝かしつけに成功しやすくなりますので^^

車での寝かしつけはオススメしない

 ただ、個人的には車でのドライブ寝かしつけはオススメしません。いや、最終手段にしてほしい、という感じですかね?その理由をいくつか挙げてみたいと思います。

車での寝かしつけがクセになる

 赤ちゃんは寝るタイミングや、寝かしつけの雰囲気を何となく体で覚えていきます。それが『車に乗ること』として覚えてしまうと、寝かしつけの度に車の運転をする羽目になってしまいます。

 入眠儀式のアイテムや環境としてオススメなものは、できるだけ家の中にある身近なアイテムにしたいです。

入眠儀式って?

寝る気のない赤ちゃん

 詳細は別のページで紹介していますが、簡単にいうとこれをしたら、これが始まったらねんねの時間だ!っと、赤ちゃんに意識付けをさせることです。

 入眠儀式がうまくできれば、苦なく寝かしつけができるようになるケースも多く報告されていますので、ぜひとも1つは入眠儀式を作り上げておきたいです。

 入眠儀式の詳細はこちら

夜の運転はオススメしない

 車の運転スキルが高いママもいらっしゃるのですが、それでも夜の車の運転はオススメしません。交通事故の確率がゼロではないからですね。平常時であれば問題ないことでも、睡眠不足状態のママだと、もしもの事態が起きないとも限りません。

 かといって、車での寝かしつけはパパに任せればOKという話でもありません。交通事故の確率は男でも女でもゼロではないからですね。

交通事故

車から家への移動で起きてしまう

 これ、割と多いと思います。そして本末転倒な結果だと思います。いくら寝かしつけに成功したとしても、

  • 車のエンジン音がなくなったことに気が付いて起きる
  • 寝ていたところを抱っこされて起きる
  • 車内と外気温の違いでびっくりして起きる

 などなど、赤ちゃんを起こしてしまう要素は結構多いのです。

大泣きの赤ちゃん

 また、車でしっかりと眠った赤ちゃんが家に着くと目覚めてしまい、結局ママだけが眠れないということにもなりかねません。車での寝かしつけは最終手段にするか、封印しておくかどちらかにしたいですね。

このページのまとめ

 ここまで読んでくださっているなら、もう伝わっていることかと思いますが、車での寝かしつけ方法はざっと紹介はしたものの、オススメはしていません

 それでも、寝かしつけに効果がある赤ちゃんもいますので、最終手段としてお試しくださいませ。

ざっくりまとめ

  1. 家での寝かしつけ準備をしてから車に
  2. 車から家までの移動が難関
  3. 交通事故の可能性もあるのでご注意を

添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon