ゆらゆら揺られて寝かしつけ

ラッコ抱きで寝かしつけ

 ママが仰向けに寝て、その上に赤ちゃんを抱っこするのがラッコ抱きです。このラッコ抱きの状態で左右に赤ちゃんを揺りながら寝かしつけるのです。

 色々な育児書などでも紹介されている方法で、ウチの子はこれじゃないと寝ない!なんてお宅もあるくらいみたいです。

水族館のラッコ

 このラッコ抱きはママよりも、体の大きなパパの方が有効な場合もあるようで、もしかするとパパの最大の見せ場になるかもしれません。

 ただ、ラッコ抱きは寝かしつけに超有効な方法なのですが、お疲れのパパ・ママが赤ちゃんと一緒に寝てしまう可能性があります。パパ・ママが寝てしまうと赤ちゃんを支えられなくなってしまい、赤ちゃんが変な体勢になってしまったり、落としてしまったりする可能性があるので要注意です。

 なので、リビングなど、誰か他の大人が同室しているとき、または、ラッコ抱きする大人が確実に起きていられるときがオススメです。

ラッコ抱き以外の揺ら揺ら寝かしつけ法

バウンサーで寝かしつけ

 我が家にはバウンサーはなかったのですが、たまたま旅行した先のホテルでバウンサーがあったので、それに揺られて寝かしつけをしたことがあります。

 まぁ、旅行で疲れていたせいもあるとはおもいますが、自然なゆらゆらが心地よかったのかあっという間に眠ってくれたのを覚えています。(※リッチェルのバウンサーはこのくらいの価格です。この値段で寝てくれるのであれば安いものですよ^^)

 もちろん、我が家のこの体験だけではなく、育児書なんかにも掲載されているちゃんとした寝かしつけ法です。

バランスボールで寝かしつけ

 我が家にはたまたまバランスボールがありましたので、娘を抱っこしながらバランスボールに座り、ボヨンボヨンさせながら寝かしつけもよくしましたね。

 揺ら揺らさせて寝かしつけという効果もあったのかもしれませんが、ずっと立った状態で、歩き回りながら寝かしつけをしていたわけじゃなかったのでかなり楽に感じました。

 エクササイズのために買ったけど、ほとんど使っていないバランスボールがあるご家庭は試してみてください。

バランスボール投げつけ

 バランスボールは楽天市場で1000円ちょい程度で買えるので、一度お試ししてみるのも良いかもしれません。子供が大きくなれば遊びのボールとしても使えるので損な買い物にはならないですよ^^

 上の写真は4歳児とじぃじのバランスボール対決ですw

このページのまとめ

 揺ら揺らと揺られることは大人でも眠くなってしまうことが多いですよね。電車なんかが良い例です、苦笑。

 抱っこでしか眠らないと思っていた赤ちゃんも、実は揺ら揺らが快適で眠っているようなケースもありますので、抱っこ以外の選択肢を試してみることで思わぬ発見があるかもしれませんよ。

ざっくりまとめ

  1. 体の大きなパパのラッコ抱きが効くかも
  2. バウンサーやロッキングチェアもオススメ
  3. バランスボールならお安く手に入りますよ

添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon