7か月~1歳頃の赤ちゃんのお昼寝平均時間(朝寝・夕寝も含む)

なかなか寝ない赤ちゃん

  このページでは”あくまでも”平均的な赤ちゃんのお昼寝時間を紹介しています。(朝寝・夕寝含む)ですので、推奨しているって程度なので、絶対にこうじゃないと変だ!というものではありません。

 大人でも3時間寝れば大丈夫な人もいれば、8時間は絶対に欲しいという人もいます。赤ちゃんも同じで、断続的にちょこちょこ眠る子もいるし、がっつり寝る子もいるのです。

 とはいえ、なんか目安的なものを知ってみたくなるのもママ心というもの、色々調べてみた結果を紹介してみたいと思います。(朝7時起床を基本とする)

産後の腰痛対策マットレス-赤ちゃんも使える安心製法

産後の腰痛対策マットレス"

 産後の腰痛対策は短い睡眠時間でも疲れを回復できるようなマットレスでなければなりません。そして、赤ちゃんと一緒に添い寝ができるレベルで安心設計されているマットレスはほとんどないというのが現状なのですが、このマットレスなら安心です。

 詳しくはこちら

7~8ヶ月頃のお昼寝時間(朝寝・夕寝含む)

起きて確認する赤ちゃん

 人見知りが始まる頃です。また、寝ている途中に起きて隣にママがいるかどうかを確認したりする時期でもあります。できることなら、お昼寝中は見えるところにいるようにして、しっかりお昼寝させてあげるのも必要かもしれませんね(寝た隙にやりたいことがたくさんあるとは思いますが・・・)。

 朝寝と昼寝の時間帯が安定してきているのであれば、夕寝は完全になくしても良い頃かもしれません。特に夜になかなか眠ってくれない状態になるのであれば、夕寝はなくしていきたいです。

 もし、夕寝をなくしてもまだ夜に眠ってくれないのであれば、体力が余っている証拠です。昼間にもっと体を動かして遊ばせて体力を削りましょう、苦笑。

 また、夜中の授乳が1回程度、もしくは、なくせる子もいるかもしれません。寝る前にたっぷり飲ませてあげて、朝までもつようにできると理想ですね。

朝は1時間、昼は2時間程度でOK、夕寝はなくしてもOK

9ヶ月~1歳頃のお昼寝時間(朝寝・夕寝含む)

歩く赤ちゃん

 この頃くらいから体力も結構ついてきますので、朝寝も徐々に減らしていきたいところです。朝寝をさせても30分程度で起こすのが理想です。1歳半くらいまでに朝寝は完全になくなると思っていてください。

 夕寝に関してはずいぶんと体力がついてくる頃でもあるので、完全になくして大丈夫だと思います。9ヶ月頃だとまだ夕寝はあるかもしれませんが、1歳になる頃には必要なくなっていると思います。

 そして、夜間の授乳をなしにできる子も多くなってくる時期です(卒乳はまだ先として)。夜間に泣いて起きたとしてもそれは空腹で泣いているのではないことがほとんどです。夜に泣いたからといって授乳で寝かしつけるのはやめておきましょう。

朝30分~なくす、昼2時間程度、夕寝はなくす方向で!

1歳以降のお昼寝時間(朝寝・夕寝含む)

1歳の誕生日ケーキ

 1歳3ヶ月頃には朝寝を完全になくしても問題ありません。昼寝の寝つきが悪くなってきたり、眠りが浅くなってきたと感じる場合は特に、です。朝寝をなくしてしまって、昼寝の時間まで体力が持たない場合は、昼寝の時間を少し早めるようにするのも手段です。

 また、保育園に通い始める子もいて生活のリズムが変わることもあります。1ヶ月~2ヶ月くらいは新生活でのお昼寝のリズムに慣れなくて、夜の睡眠時間がばらつくこともありますので、その辺りはある程度覚悟が必要です。

 夜泣きしなかった子が夜泣きするようになった、夕寝をしてしまうようになったなどが代表的な変化だと思います。こういった変えることのできない生活の大きな変化は徐々に慣らしていくしかありません

 あと、このくらいの時期に卒乳を考え始めるご家庭もあると思います。卒乳によって夜中の睡眠時間が長くなるという意見もたくさんありますので、1週間くらいは大変かもしれませんが、頑張って卒乳してください。また、卒乳するにしろ、しないにしろ、寝かしつけのためだけの授乳はやめるべきです。

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛専門病院

 1年以上続く産後の抜け毛対策を女性専用の東京ビューティークリニックで聞いてきました。その時の事柄をまとめた新サイトを作りました。

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon