赤ちゃんの寝かしつけに暗闇は必須

 色々な育児書なんかを見ていると、寝かしつけに最適な環境の1つにやはり暗闇というフレーズが出てきます。暗闇の方が寝つきやすく、熟睡しやすいと言われているのは間違いないようです。

寝かしつけ

 とはいえ、暗闇を怖がる赤ちゃんもいるみたいなので、そのあたりのことも紹介してみたいと思います。

睡眠リズムを考えるなら暗闇がベスト

 自然の睡眠リズムや流れを考えるのであれば、日が昇ってきて活動を開始し、暗くなると眠る。っというのが、動物の当たり前の環境です。

 少なくとも哺乳類が誕生してから現代までこのリズムで生き物が活動していることに変わりはないのです(人類は少しはみ出しつつありますが)

心地よい朝日

 生まれたての赤ちゃんにはまだ体内時計というものがあまり機能していないのですが、生後3~4ヶ月頃から徐々にこのリズムができ始めます。

 朝の光を見て朝だと認識し、暗くなってきたら夜を認識して眠る。この体内リズムを作り上げていくために眠るときは暗くすることが大切になってくるのです。

暗闇が怖い?暗くすると泣く場合

 とはいえ、暗闇を怖がる赤ちゃんは意外と多いです。暗いほうが良いのは分かってるが、暗いと泣く。どうしようもない。っというママの声も多いです。

 これって実は、ここまでの段階での寝かしつけが明るい部屋で行われていたケースが多いのです。暗い部屋で眠る経験が少なかったため、怖がるのです。

心地よい朝日

 こういった場合はいきなり暗い部屋で無理くり寝かしつけをするのではなく、段階的に暗くしていくことをおすすめします。期間としては1ヶ月くらい時間をかけるつもりが良いでしょう。

 特に生まれてから長い間明るい部屋で寝るようにしていた赤ちゃんは怖がることが多いので、慣れさせていくための時間が必要なわけです。

 徐々に徐々にで、大丈夫です、少しずつ暗闇に慣らしていくようにしましょう。

寝室の照明は赤ちゃんの足元に置く

 とはいえ、夜中に真っ暗というのはママにとっても都合が良くないものです。少しくらい照明がないと・・・ですよね。

 ですので、寝室の照明は赤ちゃんの足元、できるだけ遠くに離しておきたいですね。カラーもオレンジ色のような優しいものがGoodです。

寝室の照明

 あまり背の高い照明器具にすると、寝転がっている赤ちゃんの視界に入りやすいので、背の低いものが良いですね。

 我が家では、触れるだけで電源を入れられるようなスタンドライトを使ってました。行儀は悪いですが、足でも付けられるのでオススメですw

赤ちゃんが見える位置に保安灯(豆球)はNG

 他のページでも紹介していますが、赤ちゃんは光に敏感です。特に保安灯(豆球)のような小さな光源が赤ちゃんの視界に入ることはNGです。

豆電球はNG

 室内の保安灯や豆電球などの小さな光は”強制注視(1点を見つめたまま動けなくなる赤ちゃんの反応)”が起きますので、赤ちゃんが眠れなくなる原因の1つです。

 目をつぶれば眠れるじゃないか!っと思うかもしれないのですが、赤ちゃんはまだそこまで自分の体を意思通りに動かせませんので・・・。

スマホなどの電子機器もNG

 また、スマホやタブレットなどの電子機器による光もまた寝かしつけには大敵になる1つですので、寝かしつけ中には使わないようにしましょう。(実際は使っているママが多いですけどね、苦笑。)

スマホの光もよくはない

 寝かしつけをしている間はある程度ヒマ(というか、何もできない)なので、スマホで色々調べたり、遊んだりしたくなる気持ちも分かるのですが・・・。

PR:添い乳で肩こり・腰痛がひどいママへ

添い乳に使える横向き寝まくら"

 義妹がメチャクチャ気に入った添い乳のときの体の痛みを軽減してくれる横向き寝専用まくらYOKONE2を紹介しています。添い乳・寝かしつけで体が痛くなるママ必見のまくらです!

 詳しくはこちら

添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon