疲れるまで遊ばせるのはNG

 基本的に、寝かしつけ中に遊び始めたら軽く遊ばせるのはOKですが、疲れるまで遊ばせるのはNGです。確かに寝かしつけが楽になりそうな気はするのですが、今後の寝かしつけに悪影響を与える可能性が大きいのです。

寝かしつけで遊び始める赤ちゃん

 機械のように規則正しい生活はできなくとも、さすがに寝る前に徹底的に遊ばせるのは規則正しい生活リズムから外れる可能性が大きいからです。

 では、どうすれば良いのかを紹介したいと思います。

入眠儀式として遊びを取り入れる

 これはおもいっきり遊ぶようなものではなく、寝る前にぬいぐるみに『おやすみ』を言って各部屋を周る、抱っこで各部屋を周ってから最後に寝室に行く、など、遊び要素としては軽いものを日課にして行うものです。

 毎日繰り返すことによって、これが終わったら眠るんだなっということを赤ちゃんに意識づけをすることにつながります。

部屋を周る入眠儀式

 生まれたての赤ちゃんにはさほど効果はありませんが、徐々に徐々に刷り込まれてきて4~10ヶ月目以降からしっかりとした効果を発揮するようになることもあります。

 ただし、何度も書いているように、入眠儀式としての遊びはキャッキャと笑ってしまうほど遊んでしまってはいけません。

NGな寝る前の遊び方例

 ここまでで何度も書いてますが、思いっきり遊んでしまうような遊び方は寝る前にはNGです。理由は少し考えてもらえると分かると思うのですが・・・。

 寝る前におもいっきり遊んでしまうと、赤ちゃんはこう思ってしまいます。

 電気を消して暗くなる=ママと遊べる時間だっという風に勘違いしてしまうわけです。こう思われてしまうと今後の寝かしつけが難しくなってしまうのです。

ベビーベッドで遊ぶ赤ちゃん

 また、多くの家庭であるのが帰りが遅いパパが寝る前に赤ちゃんと遊んであげるという行為です。パパと赤ちゃんのせっかくの触れ合いの時間に水を指すようなことをあまり書きたくはないのですが、それこそ高い高いは寝る前にはNGです。

 パパが赤ちゃんと触れ合いたいのであれば、朝早く起きて相手をしてあげる方がよほど良いです(家庭事情によっては難しいかもしれませんが・・・)

4ヶ月以降は遊び方に要注意

 4ヶ月以降になってくると赤ちゃんにも喜怒哀楽、色々なの感情が芽生えたり、体内時計のリズムができはじめたりと成長の変化が見られるようになります。

 こうなってくるとママともっと遊びたい、まだまだ寝たくないという感情もどんどん出てきます(寝たくない気持ちは小学生くらいまで長く続きます)。

遊んでほしそうな赤ちゃん

 赤ちゃんの内は体内時計を構築していく途中段階でして、実際に育児をしていると体内時計に変化があるようにはまーったく感じられない気もしてしまうのですが、1年後くらいにははっきりと感じるようになりますので、寝る前におもいっきり遊ぶことは控えるようにしてあげてください。

1歳以上の場合は??

 1歳以上ともなってくると、ママやパパの言うことが何となく分かってくる頃かと思います。こうなってくると、寝かしつけのときに寝ずに遊び始めるようなことがあれば、きちんとしつけをする必要が出てきます。

 遊ぶならママは一緒に寝ないよというのも手段ですし、それでも聞かなければ一度退室してしまうのも良いかもしれません(安全確認だけはしてね)。

 とにかく毅然とした態度で、寝るときに遊んではいけないということを教える必要があるのです。

 怒ると可哀そう、泣かしてしまっては後が面倒だ、などと思うところもあるかもしれませんが、しつけの一環ですので、こういうのは仕方がないのです。

添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon