赤ちゃんの眠りの謎、疑問、Q&Aをご紹介

 赤ちゃんの寝かしつけをしていると、赤ちゃんと睡眠の関係で『あれ??なんだこれ??』とか、『これってどうなんだろう??』とか、色々な謎や不思議、疑問が沸いてくると思います。そんなQ&Aを集めたページを作ってみました^^

 グズつきやかんしゃくを抑え、寝かしつけをしやすくするような薬はいくつかあります。育児をしたことがない方でも知っていることが多いお薬の1つに『ひやきおーがん(樋屋奇応丸)』というものがあります。これ以外にも漢方薬でいくつかあるので紹介してみたいと思います。

 一言では答えられないので、詳細は次のページに書きますが、暗闇、適温、吸湿性の高い服、ベビー布団を整えてやることが大切です。どの季節、どの地域でも言えることは、基本的にママが不快に思わない環境であれば、大抵大丈夫なことが多いです。

産後の腰痛対策マットレス-赤ちゃんも使える安心製法

産後の腰痛対策マットレス"

 産後の腰痛対策は短い睡眠時間でも疲れを回復できるようなマットレスでなければなりません。そして、赤ちゃんと一緒に添い寝ができるレベルで安心設計されているマットレスはほとんどないというのが現状なのですが、このマットレスなら安心です。

 詳しくはこちら

 色々な育児書なんかを見ていると、寝かしつけに最適な環境の1つにやはり暗闇というフレーズが出てきます。暗闇の方が寝つきやすく、熟睡しやすいと言われているのは間違いないようです。とはいえ、暗闇を怖がる赤ちゃんもいるみたいなので、そのあたりのことも紹介してみたいと思います。

 夜、寝かしつけの前に赤ちゃんと遊んでしまって遊びつかれるまで一緒に遊んでいます。このままで良いのでしょうか??判断が難しいところですが、入眠儀式としての寝る前の軽い遊びだったらOKなのですが、本格的に、ましてや遊び疲れるまで遊ぶのはNGですね。

 実はこのママの寝たふり、赤ちゃんの月齢(成長度合い)によってはOKにもNGにもなるのだそうです。その月齢とは大体8ヶ月らしいのですが、8ヶ月未満であれば、ママが眠っていることを理解できないので大泣きしてしまう可能性もあるとか。逆に8ヶ月以降であれば、ママも寝たんだ、自分も寝る時間なんだな・・・っと暗に認識できるようになるのだとか・・・。

 大人の感覚からすると、ベビーカーに揺られてお出かけだとあまり疲れないだろうという感じがしてしまいますが、外界とほとんど触れたことのない赤ちゃんには十分な刺激です。大人が思っている以上に脳も体力も使っています。大人だってやったことのないバーチャルリアリティのゲームを初めてやったら疲れると思いますよ^^似たようなものです(たぶん)。

記事一覧

PR:新サイト5分で分かる学資保険

学資保険

 学資保険の4つの疑問、学資保険は必要?いつから?いくら?どの学資保険?を徹底調査しました!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon