赤ちゃんの朝起きる時間(起床時間)を決める

 赤ちゃんの睡眠時間を作る方法を、具体的に何をするべきかと聞かれると答えは1つ。赤ちゃんの朝起きる時間(起床時間)を決めることです。

赤ちゃんのあくび

 各家ごとに、事情があるとは思いますが、この機会にパパ・ママともに、生活スタイルを見直してみましょう。

 大体、朝は8時までくらい、理想だけを言えば6~7時の間に起こしてあげたいものです。そのくらいに起こして、しっかりと朝日(太陽の日)を浴びるようにしてあげましょう。

 そうすることによって、赤ちゃん体内時計ホルモン・メラトニンがうまく働き出すようになり、夜間は自然な眠りに導けるはずです。

赤ちゃんのリズムに合わせる。それがパパ・ママにできること

関連記事 赤ちゃんの体内時計の話-ホルモンのメラトニンってどんなの?

睡眠リズムは4~6ヶ月頃から作られ始める

 生まれてから間もない時期(4ヶ月頃まで)は、ミルクを飲んで寝る、また目覚めてミルクを飲んで・・・の繰り返しの生活です。この時期はまだまだ睡眠リズムを作ることはできません。

赤ちゃんの朝の行事

 でも、この期間にすでに赤ちゃんは睡眠リズムを作る準備をしています。パパ・ママもそのつもりで生活リズムを赤ちゃんに合わせてあげることが大切です。

 時間は大雑把でも構いませんが、朝の明るさと夜の暗さは区別を付けて過ごすと良いでしょう。

太陽の光は体内時計を動かす元になる

 朝、目覚めると同時にカーテンを全開にして太陽の光を浴びさせましょう。この太陽の光により体内時計ホルモンとも呼ばれる神経伝達物質メラトニンが働き始めます

朝の日差しが入るリビング

 寝かせつけがうまくできない原因は実は朝の行動にあるとも言われています。また、習慣づけの行動として、以下のようなことを毎朝してあげるのもいいかもしれません。

  • 朝はお気に入りの音楽をかけてあげる
  • 必ず顔を拭いてあげるようにする
  • 朝からシャワーを浴びさせてあげる

 これらの行動が、生活リズムのきっかけにするのが狙いです。雨の日などの薄暗い日でも赤ちゃんに ”今が朝だよー” とお知らせになります。

赤ちゃんにも朝だと分かるように我が家の朝の習慣を作ろう!

添い乳で肩こり・腰痛がひどいママへ

添い乳に使える横向き寝まくら"

 義妹がメチャクチャ気に入った添い乳のときの体の痛みを軽減してくれる横向き寝専用まくらYOKONE2を紹介しています。添い乳・寝かしつけで体が痛くなるママ必見のまくらです!

 詳しくはこちら

添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon