赤ちゃんの昼寝の寝かしつけ

 6ヶ月頃までは、赤ちゃんのしたいようにさせてたいてい大丈夫です。ただ、6ヶ月を過ぎる頃から、お昼寝の時間は1日の合計で2時間以内にしたほうが良いとされています。

 夜の寝かしつけのように、決まりきったやり方で寝かしつけをせずとも、疲れて寝るということもあると思いますので、方法はとくに何でも大丈夫です。

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけ

寝かしつけのためのお昼寝のルール

6か月を過ぎたらお昼寝は2時間

 赤ちゃんそれぞれ、また家庭でそれぞれ、生活リズムや睡眠リズムは色々とありますが、平均して考えるならば、6か月を過ぎるとお昼寝の時間は1日の合計で2時間以内にする方が良いといわれています。

 6か月頃から赤ちゃんにも徐々に体力がついてきます。それと同時に生活リズムにもある程度の習慣ができてきますので、この時期に生活リズムを叩き込むことが理想的なのです。

お昼ごはんはラーメン

 我が家の睡眠リズムはお昼ご飯を食べたあと、12時半から1時間程度がお昼寝タイムとなっていました。その後、起きてからお出かけ時間にしていました。

 また、我が家と違い、断続的にお昼寝をする赤ちゃんであれば、午前中に1時間、午後から1時間と2回お昼寝にしても良いと思います。その辺りは各家庭の事情や赤ちゃんのリズムに合わせてあげてください。

6ヶ月以上になるとは午後3時半以降の夕寝は控えたい

 6ヶ月までの赤ちゃんだれば、ある程度好きな風に寝かせても差し支えないですが、6ヶ月を過ぎれば、午後3時半以降のお昼寝はなくしたいところです。

15時以降の夕寝に注意

 6ヶ月を過ぎると赤ちゃんに体力がついてきますので、夕寝があると夜の寝かしつけにかなりの影響を与えてしまいます。

 夕方に10分寝かせてしまうと、夜の寝かしつけが1時間遅れるくらいの印象があります。

 特別外出が多かった、イベントに参加したなど、赤ちゃんが疲れているなと感じる場合は大丈夫ですが、普段の生活上でなら、減らしたい睡眠時間になってきます。

お昼寝から起こす時間と起きないときの対処法

 お昼寝から自然と起きてくるのが一番理想的ですが、お昼寝から一向に起きてこないときは起こしてあげる必要があります。

 起こすタイミングとしては、寝ている中でも動きがあるタイミングがベストタイミングです。赤ちゃんを観察していれば分かりますので、一度気にしてチェックしてみてください。そのタイミングこそが赤ちゃんの眠りから覚めやすいタイミングです。

昼寝から起こすタイミング

 また、上記までの項目で散々紹介していますが、1日のトータルお昼寝時間が2時間以内となるところを目指してください。そして赤ちゃんが6ヶ月以降になると、15時半以降の夕寝を減らす~なくすところまで考えておきましょう^^

お昼寝の時間と起こすタイミング。これを守ればリズムが崩れにくい

添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon