寝かしつけのためのお昼寝のルール

6か月を過ぎたらお昼寝は2時間

お昼寝

 赤ちゃん個々で生活リズムや睡眠リズムは色々とありますが、平均して考えるならば、6か月を過ぎるとお昼寝の時間は1日の合計で2時間以内にする方が良いといわれています。

 6か月頃から赤ちゃんにも体力がついてきます。それと同時に生活リズムにもある程度の習慣ができてきますので、この時期に生活リズムを叩き込むことが理想的なのです。

 我が家の睡眠リズムはお昼ご飯を食べたあと、12時半から1時間程度がお昼寝タイムとなっていました。その後、起きてからお出かけ時間にしていました。

時計

 また、我が家と違い、断続的にお昼寝をする赤ちゃんであれば、午前中に1時間、午後から1時間と2回お昼寝にしても良いと思います。その辺りは各家庭の事情や赤ちゃんのリズムに合わせてあげてください。

 ただし、守らなければならないことが2つあります。1日のお昼寝時間は合計2時間程度の睡眠で切り上げることと、午後3時半以降のお昼寝はできる限りしない方が良いということです。夕方頃のお昼寝は夜の寝かしつけにかなりの影響を与えてしまいます。夕方に10分寝かせてしまうと、夜が1時間遅れるくらいの印象があります。

お昼寝から起こすタイミング

起きる

 お昼寝から自然に起きてくるのが一番良いのですが、どうしても起きてこないときはこちらから起こしてあげる必要があります。

 大人の睡眠でもレム睡眠やノンレム睡眠など聞いたことがあると思います。1時間半周期で起きるのが良いとかあの類の話です。

 赤ちゃんはそのタイミングを知ることが簡単なのです。寝ている赤ちゃんを観察していると分かるのですが、おとなしく寝ていたのに急に動き始めることがあります。そのタイミングこそが赤ちゃんの眠りから覚めやすいタイミングなのです。

 お昼寝が長くなりそうな時はこのタイミングで起こしてあげるようにして下さい。そうすれば比較的睡眠リズムを崩さずに目覚めさせることができますよ。

お昼寝の時間と起こすタイミング。これを守ればリズムが崩れにくい

産後の腰痛対策マットレス-赤ちゃんも使える安心製法

産後の腰痛対策マットレス"

 産後の腰痛対策は短い睡眠時間でも疲れを回復できるようなマットレスでなければなりません。そして、赤ちゃんと一緒に添い寝ができるレベルで安心設計されているマットレスはほとんどないというのが現状なのですが、このマットレスなら安心です。

 詳しくはこちら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon