寝かしつけとお風呂の関係

 このページでは赤ちゃんのお風呂と寝かしつけの関係を紹介しています。お風呂上りすぐに眠ってしまう赤ちゃんもいるみたいですが、お風呂で目が冴えちゃって、という赤ちゃんもいるみたいですが、何がどう違うのでしょうか?

 普通に考えるとお風呂と寝かしつけはまったくの無関係に感じますが、実は無関係ではありません。

赤ちゃんのお風呂

 これは赤ちゃんに限った話ではないのですが、人は眠りに入る前に体温が急激に下がり始めます(特に赤ちゃんは、手足が異様に温かくなる)

 この体温が急激に下がるという現象が、お風呂上りに体温が下がってくるのと似ているので、脳と体が勘違いして睡眠モードに入りやすい状態になるのです。

 ですので、お風呂上りすぐではなくて、お風呂から出て一息ついた頃が一番寝かしつけに適した時間帯といえるのです。ただし、ママも同じ状態ですので一緒に寝てしまうこともあるかもしれません。

お風呂上りすぐに寝かしつけられない場合

 お風呂上りの一息ついた後が寝かしつけに最適だったとしても、それができないご家庭も多いかと思います。

 そういった場合は、お風呂上りから1~2時間以上経過してからが良いかもしれません。睡眠に入りやすいモードを通り越してしまうと、なかなか眠らないケースもありますので、一時ここは諦めるのが得策かと思います。

寝かしつけのためのお風呂のルール

お風呂の温度はぬるめ&ゆっくり入る

 お風呂に入ることは、赤ちゃんも大人と同じでリラックス効果があるようです。ただ、そのためにはお風呂で赤ちゃんをびっくりさせる、怖い思いをさせるようではいけません

 当たり前のことですが、極端に熱いお風呂や冷たいお風呂ではダメということです。

赤ちゃんのお風呂

 なるべくゆっくりとぬるいお風呂に入れてあげましょう。ただし、入浴時間を長くしすぎることはNGです。時間にして10分程度が良いですね。

 また、寝かしつけのためにはリラックス作用のある、ラベンダーやカモミールなどのアロマを数滴お風呂に入れるのも効果的だといわれますが、補助的なものなので、なくても十分大丈夫です。

 初めての育児だったり、1人で入れないといけない状況だと、焦ることもあるかもしれませんが、焦る気持ちは赤ちゃんにも伝わりますので、できるだけゆっくり、のんびりとお風呂に入れてあげたいろことです。

添い乳で肩こり・腰痛がひどいママへ

添い乳に使える横向き寝まくら"

 義妹がメチャクチャ気に入った添い乳のときの体の痛みを軽減してくれる横向き寝専用まくらYOKONE2を紹介しています。添い乳・寝かしつけで体が痛くなるママ必見のまくらです!

 詳しくはこちら

添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon