寝かしつけのためのお風呂のルール

お風呂はぬるめが基本です!

ベビーバス

 お風呂に入ることは大人も赤ちゃんも同じでリラックスできます。ただ、そのためにはお風呂に入ることで赤ちゃんをびっくりさせてはいけません。当たり前のことですが、極端に熱いお風呂や冷たいお風呂ではダメということです。

 なるべくゆっくりとぬるいお風呂に入れてあげましょう。ただし、入浴時間を長くしすぎないようにして下さい。

 一般に赤ちゃんのお風呂は10分程度がいいといわれています。長すぎると赤ちゃんがのぼせてしまいます。

 また、寝かしつけのためにはリラックス作用のある、ラベンダーやカモミールなどのアロマを数滴お風呂に入れるのも効果的だといわれています。以下のお風呂用のものがオススメですよ。

お風呂と寝かしつけの関係

赤ちゃんの足

 一見するとお風呂と寝かしつけは無関係に感じますが、もちろん無関係ではありません。赤ちゃんに限らず、人間は眠りに入る前に体温が急激に下がり始めます。(特に赤ちゃんにおいては、手足が異様に温かくなって熱を放出します。)

 この急激に下がるという現象がお風呂上りに体温が下がってくるのと似ているので、体は勘違いして睡眠モードに入りやすい状態になるのです。

 ですので、お風呂上りすぐではなくて、お風呂から出て一息ついた頃が一番寝かしつけに適した時間帯といえるのです。ただし、ママも同じ状態ですので一緒に寝てしまうこともあるかもしれません。

体が冷めるタイミングで布団へ!そうすれば一気にねんねモード!

産後の腰痛対策マットレス-赤ちゃんも使える安心製法

産後の腰痛対策マットレス"

 産後の腰痛対策は短い睡眠時間でも疲れを回復できるようなマットレスでなければなりません。そして、赤ちゃんと一緒に添い寝ができるレベルで安心設計されているマットレスはほとんどないというのが現状なのですが、このマットレスなら安心です。

 詳しくはこちら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon