電子機器は寝かしつけの敵

テレビは寝かしつけには不要

テレビとリモコン

 テレビやDVDなどを見せながら赤ちゃんを眠らせると良い!なんて話を時々聞きます。しかし、この説は医学的にはちょっと無理があるようです。理由は以下のようなものです。

 テレビやDVD、携帯電話のディスプレイなどは視覚的にも聴覚的にもかなりの刺激が赤ちゃんに伝わります。あまり感じないと思っている大人でさえも、寝る前の携帯電話の光によって寝る時間が遅くなってるとのデータがあります。

パソコンのモニター

 そんな電子機器は赤ちゃんにとっては刺激が強すぎて、興奮状態になり、寝付きにくくなるのです。ただし、この説は賛否両論あって、きちんと研究したデータもないと思うのではっきりしたことはどちらが良いかは分かっていません。

 一方で、テレビを見せながら寝かしつけると早く眠るという説は、一旦赤ちゃんを興奮状態にして少し疲れさせて眠らせているのだと思います。ただ、寝かしつけることができたとしても一時期興奮状態にするので、目覚めが早いような意見もあります。

要注意!携帯電話の光!

スマホ

 テレビがダメなら携帯電話だ!!と思った方、多いと思います、笑。私も実際、子供が寝るまでは携帯やiPhoneなどで遊んでいました。しかし、本当は良くないんだそうです。

 思い起こしてみると、子供の横でケータイを触っていたときは寝つきが遅かったようにも感じます。(3歳になった今でもそうかもしれません(当時))

 これは赤ちゃんに限った話ではないのですが、寝る前に携帯電話の光を見るのと、コーヒーを2~3杯飲むのとは同レベルの行いだ言われています。携帯を触っていると眠るのが遅くなった経験のある方も多いと思います。友人とメールをしていると特に会話が面白いので余計に眠れなかったりしませんか??

 それに上の項目でも説明したよう、に赤ちゃんには刺激が強すぎるのです。着信や画面の光はカラフルでピカピカするし、メロディが流れれば騒がしいし、おまけにバイブレーションで振動まで・・・落ち着いて寝れそうにないですね。それにママが隣で携帯をポチポチ押していたりパカパカ開いたりしていると、赤ちゃんは落ち着いて眠れるはずがありませんよね、苦笑。

 パパからの帰宅メールや友人からのメールも大切ですが、やはりここは赤ちゃん優先で、しっかり寝かしつけてから携帯チェックをするようにしてあげましょう。

携帯電話やテレビ、パソコンは赤ちゃんが眠った後でしましょう

産後の腰痛対策マットレス-赤ちゃんも使える安心製法

産後の腰痛対策マットレス"

 産後の腰痛対策は短い睡眠時間でも疲れを回復できるようなマットレスでなければなりません。そして、赤ちゃんと一緒に添い寝ができるレベルで安心設計されているマットレスはほとんどないというのが現状なのですが、このマットレスなら安心です。

 詳しくはこちら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

スポンサードリンク

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon