15~20分程度の昼寝は脳をリフレッシュする

深呼吸してリフレッシュ

 特に、夜の寝かしつけに苦労しているママは睡眠不足度がマックスかと思います。あまり苦労していないママですら睡眠不足になることもある時期ですので、赤ちゃんのお昼寝タイムはママも一緒にお昼寝タイムにすることをオススメします。

 確かに寝ている間にあれもこれもやりたいっていう気持ちも分かるんですけど、そこは思い切って手抜きしましょうよ^^

 睡眠の研究者いわく、お昼ご飯を食べた後の2時間以内あたりが最も眠気を感じる時間帯らしいです。この時間帯に併せて、赤ちゃんと一緒にお昼寝をしてしまうのが夜の寝かしつけの体力にもオススメです。上でも書いていますが目安は15~20分程度、赤ちゃんが目を覚ますまでの僅かな時間でOKなのです。

但し、寝すぎには注意

本格的な睡眠

 どうせ寝るならたっぷり寝てやるぜー!!っという気持ちになるのはものすごく分かるのですが、ここで寝すぎてしまうと頭がボーっとしてしまったり、夜になってからの睡眠リズムに悪影響を与えてしまうことも考えられますので、目安である15~20分以内を目標に脳をリフレッシュさせましょう。寝すぎは厳禁です。

お昼寝できないママは

いちご大福

 産後はホルモンバランスの大きな変化がある時期なので、お昼寝なんかとてもできそうな感じがしないっというママもいるかと思います。

 そんな場合は、リフレッシュできるような気分転換になるようなことをすると良いでしょう。無理に家事をやって起きておこうとするよりも、少しだけでも自分の時間を持つようにすることがオススメです。

 読書、おやつを食べる、紅茶を飲む、ゲームをする、ドラマを見る、など本当に何でもOKです。とにかく少しの間だけでもリフレッシュできる行動を取り入れたいところです。

 ヨシケイなど食材宅配のキットを利用して時短で食事の準備 


記事一覧

PR:新サイト5分で分かる学資保険

学資保険

 学資保険の4つの疑問、学資保険は必要?いつから?いくら?どの学資保険?を徹底調査しました!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon