掃除機なんて毎日かけなくても大丈夫

 掃除機は、毎日かけなくても何も問題ありません。私の場合、掃除機は2~4日おきにしかかけていませんでした。その代わり、赤ちゃんが寝ている間にこっそりとフローリング用のウエットシートで拭き掃除していました。

フローリング用ウェットシート

 掃除機は大きな音が出るので赤ちゃんが起きてしまう可能性がありますが、拭き掃除なら気にせずちょっとした空き時間にお掃除ができます。ウエットシートは20枚入りでも2~300円程度で売っていますよね。安いものです。

掃除機はたまにかけるくらい

 時間的にどのくらい変化がでるかと言えば、そう変わらないかもしれませんがとにかく気持ちに余裕が出ると思います。どうしても毎日掃除機をかけないといけないと思うと、とても負担になってしまいます。

 赤ちゃんのご機嫌がいい時にまとめて掃除機をかけて、それ以外は拭き掃除でいいとなると私はとても気持ちが楽でした。

たまに掃除機をかける

 私も以前はわざわざ泣いている赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしてまで、毎朝決まった時間に掃除機をかけていました。まったく融通が利かないタイプの人間だったのです。

 しかし、毎日毎日、同じようにしなければならないと言う自分なりの決まりを失くしたらすごく気持ちが楽になりました。

できない家事に罪悪感は不要

 赤ちゃんのお世話は本当に大変です。毎日同じようにいかなくて当たり前です。育児中だから家にいるのに家事もまともにできていない、と言う罪悪感は全く持たなくて良いと思います。

赤ちゃんの笑顔

 そんなことよりも今しかない赤ちゃんとの毎日を少しでも笑顔で過ごせるように、楽できるところ楽しましょう。

 赤ちゃんのお世話をしているってだけで、じゅうぶん毎日頑張っているのですから^^

家電や家事のプロに丸投げしよう

 とにかく全然寝ない子でした、成長した今でも物凄く体力があって朝6時に起きてスポーツしまくって遊びまくっても夜になってもまだ元気です。

 しかし、当時は毎日の睡眠不足にこれが一生続くのかもとネガティブに思い悩む日もありました。

ストレスを感じる日々

 お金には、それほど不自由はしていなかったこともあり、お掃除はしなくても死なないと割り切り風呂やキッチン、エアコンなどは半年に一回プロに来てもらっていました。そして、自動食器洗い乾燥機を付けてもらいました。

掃除のプロ

 プロに頼んだお掃除は、1回総額25,000円くらいでした。年に2回なので、50,000円です。確かに高いですが、ボーナスから予算を分けておきました。それから食器洗い乾燥機の方は、20万円くらいでした。月々の電気代水道代は特に変動はなかったです。

 自分自身の負担が減ったと考えれば、金額的には大きいかもしれませんが、十分に納得できる支払いだったと今でも思えます。

実母任せの家事もなんだかモヤモヤ

掃除

 いくら手抜きをしていい時期なんだと心では分かっていてもキッチンや風呂場が汚れているのは何だかモヤモヤしていました。

 一番モヤモヤ感じたのが、実家の母が来た時に綺麗好きの母が急に掃除を始めるのが本当にありがたいはずなのに嫌でした。ダメ主婦と言われている気がしてしまったのです。なので、プロに掃除を任せることにしました。

食洗器の導入は本当にオススメ

 夫が皿洗いだけは全然しない人でご飯は作ってくれていたのですが、その後の皿が残るのがストレスでした。

 食洗器を設置したことにより皿を入れるだけになり乾燥までしてくれるのでその間お世話にも手が回り睡眠にも時間が避けて良かったです。

乾燥機付き食洗器

 赤ちゃんのお世話は、ご存知の通り本当に予想を超えて大変です。手のかからない子のお世話だとしても今までの生活が一変するのでストレスはかかっていると思います。

 産後の身体も思いのほか消耗しています。出来るだけ自分に優しく今だけはお金をかけてでも外注したり便利な家電を買って乗り切ってください^^

添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイト5分で分かる学資保険

学資保険

 学資保険の4つの疑問、学資保険は必要?いつから?いくら?どの学資保険?を徹底調査しました!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon