おっぱいの母乳パッドであせも

 母乳パッドであせもができてしまい、とても痒いです。授乳中なので、お薬を塗るのはどうかと思って我慢をしています。何かいい対策法や予防法はありませんか??

 こんな声を聞いたので、早速調べました。

オススメの対策法

 ママの声を集めてみて印象に強いのが授乳をしてるから薬が使えないっという意見が非常に多いということです。

 では、赤ちゃんが舐めてしまったとしても影響のない、使えるものがあれば良いということですよね^^

おっぱいのあせもに使えるファムズベビー

 市販の保湿クリームや薬を塗ると赤ちゃんの口に入ってしまうとあまり良くないのですが、こちらのファムズベビーは赤ちゃんが舐めても大丈夫なように設計されています。

 元々、あちこち舐めてしまう赤ちゃんのための保湿剤なのですが、ママのおっぱいのあせもにもしっかりと使える保湿剤なのです。

 販売サイトを見てみる
商品名 ファムズベビー
商品コンセプト 赤ちゃんの肌を守る保護・保湿剤

ここがすごい!

  1. 赤ちゃんが舐めても大丈夫
  2. 1回で8時間は塗り直しなしでOK
  3. べた付きって何?というくらいサラサラ
  4. ちょっとやそっとじゃ落ちない
  5. 安全性試験も行っている商品

 我が家では、甥っ子のあせもに使った経験があるモコモコムース状の皮膚保護・保湿剤ですが、大絶賛の商品でした。(その時の様子はこちら:赤ちゃんのあせも、おむつかぶれ対策にワセリンは時代遅れ!

 欠点をあげるとすれば、少しばかりお値段が高いということですが、赤ちゃんが舐めても大丈夫な上に、おっぱいをしっかり保護できると思えば、安いものですよ^^

 また、赤ちゃんの首回りのあせも、おむつかぶれ、乳児湿疹なんかでも保護・保湿剤として使えますので、赤ちゃんのためにも使えますよ。

 販売サイトを見てみる

細かく対策をするなら

 実際、おっぱいのあせもに苦しんだママたちの意見を集めてみると

  • こまめに拭くようにした
  • 汗をかいたらすぐに吸収できるようガーゼを入れた
  • 家で時々、外気にさらしていた
  • 皮膚科でお薬をもらってきた

 こんな対策をされている方が多いようです。

 確かに、これらの対策法は間違いではなく、どれも正しい対策・予防法だと思います。ただ、細かく対応していかないと、結局あせもがひどくなるという対策法だなとは感じます。

 やはり、個人的にみても、薬剤師的にみてもオススメは【ファムズベビー】だなと思います。ファムズベビーは母子手帳副読本にも掲載されている安心ケア用品なのです。

添い乳の肩こり・腰痛対策のまくら

記事一覧

PR:新サイトのお知らせ

産後の抜け毛

 授乳中でも使える産後の抜け毛対策のための育毛剤をランキング形式で紹介しています。授乳中でも使える育毛剤ランキングをどうぞ!

サイト運営者について

サイト運営者

運営者HN:社長代理
お仕事:薬剤師してます
趣味:釣りとサイト運営
詳細プロフィールはこちら

Page top icon